Everynight ひとりの夜を迷っても~♪ pontasan.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

隠しておけないこの愛。  現実を忘れて慶太にぞっこん!!


by ponta_san
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スカパーさまさま


行ってないけど行った気になった立教ライブが終わり、ちょっと寂しくなちゃうのかな・・・
と、思っていたら次なるお知らせが来ました(スゴイよ)

私の師匠、今井了介さん(弟子と容認されてません。許可無く勝手に呼んでいます。笑)との対談。
僕の音楽キャリアに転機を与えて頂けた方なのです。
是非ご覧ください!


テレビでラジオな番組『#スカパー!FM579』次回MCは…
#今井了介(音楽プロデューサー)×#橘慶太(w-inds.)
23(月)後11時半~BSスカパー!で♪


あの今井さんとの対談!!
聴いてみたー――い!!
しかも4回もあるらしい(スゴイよ)
ほんとスカパーに感謝だわ

スカパーと言えば、今朝修理に来てくださって、無料で新しいチューナーと交換してもらいました
契約5年以上のサービスだそうです
おかげで無事にMJTVのw-inds.スペシャルが観れました(これについてはまた書きます)
面白いです~~


そして、Spotifyに関わる動画が二つ公開されました
①バイラルトップ50(日本)2週間連続チャートインを達成!!Special Thanx動画


②Special Thanx第2弾【橘慶太撮影 楽曲制作過程ムービー②】


何やってるのかさっぱり分からないような細かくて地道な作業ですね
慶太クンの頭の中には完成した音楽がちゃんと流れているんでしょうね(じゃないと出来ない)
あのデコッパチ頭の中はどうなってるんでしょう?

そしてここにもcrewの愛が・・・
MUSIC FAIRの公式サイトに写真がアップされ、視聴者からのメッセージも紹介されていますココ
c0146401_850667.jpg

自分のが保護者過ぎて泣けますが、前回のグンちゃんのファンのコメントはもの凄い量でした
w-inds.crewも沢山送ったらいいんじゃないかな~~~
次回出演の後押しになると思います!!

オマケの1枚*立教はこの衣装だったそうです(^^)/
c0146401_8511287.jpg

# by ponta_san | 2017-10-17 00:47 | 本日の慶太クン♪ | Comments(0)

今日はお留守番しながら、MUSICFAIRをリピートリピート
慶太クンの可愛いところを見直したり、w-inds.凄いなあと見惚れたり・・・
スカパーに電話して、明日修理に来てもらうことになりました(早く~!!)
そして、録画しておいためちゃイケを観ました
私は大知くんはすごいな~と思って観ていますが、さすがに昨日は観る気がしなくて
やっぱり嫉妬かな~Twitterでは目に入ってくるから。。
でも、今日は普通に大爆笑しながら観ました
大知くんはいい人で凄いし、岡村さんが凄かった・・プロです
番組として面白かったです
ライジングがたくさん絡んでいて、会社の宣伝にはなったと思います
歌って踊る人の事務所だと
いっささんとけんぞーさんといい仕事してたけど、w-inds.はチラリとも出なくてそれで良かったと思いました
あの番組には関係ないし、変に紹介されなくてよかったです
大知くんのライブは12月の広島に行くことにしてます
楽しみです
以上


今日は立教大学の同窓会でのライブ♪
当日券に朝早くから並んだ友達も、すごく楽しかったようで良かったです
1時間で9曲、贅沢な時間だったとのこと
行ったお友達、みんな大満足で良かった~~w-inds.素晴らしいと言ってました
行ってなくても幸せ気分です

セトリ♪
①ぶんわだ
②エニモア
③Make you mine
④I'm all yours
⑤Time Has Gone
⑥Drop Drop
⑦No matter where you are
⑧バクステ
⑨Feel The Fate


盛りだくさんですね
今年のライブとブルブラライブと混ぜて、代表曲をピックアップしたフェス仕様でしょうか
もっと沢山イベントやフェスに出て欲しいな
そして、INVISIBLEの追加お願いします!!

*素敵な1枚*
c0146401_21264574.jpg

ジャケットの下はこんなズボンにこんなソックスにこんな靴だったんですね~
サイン会の時は全く分からなかったです
慶太クン立ってたのにな・・
スラリと王子(*''ω''*)
あの至近距離で足元まで見たかったな(次回への課題にしよう)
# by ponta_san | 2017-10-15 21:18 | LIVEレポ | Comments(0)

素晴らしいMUSICFAIR


素敵な番組をありがとうございます!!
c0146401_1291941.jpg


MUSICFAIR、素晴らしい番組ですが、残念なことに全国放送では無いんですよね
観れない友達のために、アナログで少しだけですが貼っておきます♪


期待はしていましたが、期待以上でした
・JUJUさんと一青窈さん、お二人がホントに歌が上手くて素敵な方たちだった
・選曲が慶太クンにピッタリだった(イチバン得意で売りにしている高音を活かせた)
・途中のアカペラも最高の演出(しかもイチバン美味しいところを歌わせてもらった)
・武部さんとの出会いのおかげ(あたしの音楽~スカパーサマーフェス~ラジオなどなど)
・途中のトークでもお茶目な慶太クンがさく裂!!(頭の回転速くてセンスもいい)
つまり完璧、絶賛、言うことなし!!

そして、w-inds.の「TimeHasGone」も、あらあら???フルでしょう~~~!!!
ブルーのセットも幻想的で素晴らしかったのですが、フル尺には驚きました
MF、本当に素晴らしい音楽番組!!
でも3分の曲を作った慶太クンも偉い!!
3分なら全部やっちゃえってことだったと思います
前に楽曲は3分くらいがいいと言っていた記憶があるのですが・・・どうですか?

c0146401_1195182.jpg


そして、あの「DanceFact」から、またまた素敵なレポートが上がっています
「w-inds.が日本武道館で見せた、最高の音楽とダンスのあり方」ココ
ダンスに特化したレポート
これまた素晴らしく嬉しい記事です(w-inds.はダンサー憧れの職場)

明日は立教に行かれる方、楽しんできてくださいね
特に当日券狙いの方、頑張ってゲットしてください(愛ですね)
立ち見とか出て、みんなが観れますように!!

私はtチューナーが不調で急にMJTVが映らなくなったので、それと格闘したいと思います
あと、MFをリピートしまくります(^^)/
# by ponta_san | 2017-10-15 01:29 | LIVEレポ | Comments(2)

読み直し③


④『PATi PATi』の『エンタメステーション』
これを買ったらもう買わないって決めるんですよ。この中のものでしか曲は作らない、あとは腕だって。でも1ケ月後には買ってますね(笑)。その繰り返しです。新しいソフトが出たら試さないと気が済まない。だから、たぶん一生買うんだと思います。
MBSの番組で言ってましたね
100万以上する機材がゴロゴロ、おうちの人に怒られますと!
そりゃ怒るよね~でも、他にお金使わないし、お仕事で還元してるし・・許してあげてね!

自分としては失恋よりもっと辛い別れを書いてるんです。書いてた時期におばあちゃんを亡くしたんですけど、東京に暮らしていてその報告を受けても最初はまったく実感が沸かなくて。涙も出なかったんですけど、福岡に戻っておばあちゃんの姿を見たときに、自分では考えられないぐらい大号泣したんです。そのときにおばあちゃんの記憶が薄れていく感じってイヤだなと思ったり、でも仕方ないのかなと思ったり、すごく複雑な気持ちになって。別れがずっと尾を引くのは辛いことなんですけど、でもその悲しみを忘れないような曲を作りたいなと思って作り始めたんです。
時間がすべてを流しちゃうんで。良くも悪くも。記憶も薄れていくし、愛された感覚も忘れちゃう。東京にいて実感が沸かなかったのは、福岡にいたときの感覚を忘れてたんだろうなと思って、時の無情さを感じました。

自分との別れから出来た曲♪
おばあちゃんは喜んでると思うな
おばあちゃんに可愛がってもらったんだろうね
おじいちゃんと香椎花園に行った話はよく聞きました

J-POPを作ろうとすると2〜3時間で「ヤバイ……」みたいになっちゃって。
なんかすごい嫌悪感に襲われる(笑)なんか途中で吐き気がしちゃう。

ヤバイですね~お母さんの教育が体に沁み込んでるようですね

c0146401_22183141.jpg


明日は「MUSIC FAIR」とMJTVの「w-inds.SP」です!!
楽しみ楽しみ(^^♪

# by ponta_san | 2017-10-13 22:21 | その他 | Comments(0)

読み直し②


今日も音マニアな慶太クン(''ω'')
Macのファイルをゴミ箱に捨てる音を右から左に音を流してパンニングしてあるのが毎回気になる。
細かいオシャレな気配り。
PCの内臓スピーカーだと分かりにくいから、イヤホンで聴くと分かりやすいよ。


普通にiPhoneでメール送る音もシュッ⤴️⤴️ってなりますよね
macは分からないけど、Windowsでもゴミ捨てたらグシャグシャって砕くような音がしたと思います。
と、思ったけど、今確かめてみたら聞こえなかったよ
ゴミ箱を空にするとき音がしてたと思うんだけど・・・過去の話?


今日は友達、親戚にLineでMUSICFAIRのお知らせをして
一般人向きのブログでもお知らせして来ました→ココ
みんな今のw-inds.観てね~~~!!!


では、読み直しの続き
③Spincoaster
何よりも橘慶太が初めてミックスからトラックダウンまでを手掛けたことも大きなトピックとして注目を浴びている。
前作で見せたトロピカル・ハウスやファンクな一面だけでなく、海外のフューチャー・ベースや新世代ヒップホップ勢ともリンクする先鋭的な音要素を日本語ポップスに上手く落とし込んだ本作は、きっとこれまで以上に多くの音楽リスナーの耳を魅了することだろう。

はいはい。その通り。

作ってる曲も今っぽいというか、同時代性を強く意識しているので、リリースの仕方もCDだけにこだわるんじゃなくて、色々な方法を考えていきたいなって、常日頃から考えてはいます。
チャレンジャー

今では「リリースしようか」ってなったらパパパッと自分で作っちゃうので。リリースのペースが上がっているのはそういう部分が理由かもしれませんね。今もそろそろ新しい曲を作りたいなって思ってるくらいなので。
もう出来上がりましたね♪

今回のシングルは、いつ頃から制作が始まったのでしょうか?
橘:3月くらいだったと思います。アルバム(『INVISIBLE』)がリリースされたくらいですね。「そろそろ次の作品を作ろう」って思い始めて。実はリリースの方法について、何個かアイディアがあって、それを踏まえて早め早めに動いていたんですけど、結局はそのアイディアが上手くいかなくなってしまい。リリースも当初予定していたのよりは遅くなってしまいました。

私の予想ではツアー前のリリースだったけど、その予定だったってことかな?
でも、上手くいかなかったんですね。。。ドンマイ!

音楽好きというか、トラックメイカーとかミュージシャンの方々からお声掛けしてもらうことが増えましたね。実際に僕も色々な方とお会いして、交流関係が増えましたし。
蔦谷さんとか、米津さんとかな?絵音さんとも会ってましたよね・・

――今作の大きなトピックのひとつとして、橘さんが初めてw-inds.作品のミックス〜トラックダウンを手掛けましたよね。そもそもなぜご自身でやろうと思ったのでしょうか?
橘:あんまりこんなこと言うと角が立つ可能性もあるんですけど、やっぱりフューチャー・ベースっていうジャンルのミックスが上手だなって思える人が少なくて。もちろん僕の方が上だっていうわけでもないんですけど、それでも自分の思い描いている音と違ったものが上がってきて、そこから修正するっていうのは難しいですし、だったら最初から自分でやった方がいいのかなって。今作以前からそういう考えはずっとあって、ミックスもトラックダウンについても勉強していたんです。今作で初めて挑戦したのは、やっと自分でやれるレベルに達したなって思えたのと、あとは実践がなによりの訓練になるんじゃないかと思って。リファレンスとなる他のアーティストさんの作品とかと聴き比べて、ここまでいけばCD作品としてパッケージングしても大丈夫だろうと、そういうレベルまで自分が達したなって思えたんです。

まだ手掛けてる人が居ないくらい新しいってことですね
最先端!!
自分でやれば納得できると言うのもあるけど、慶太クンは冷静に判断して自分のスキルが追いついたってことでしょう

僕がスタジオとか人の家とかに行って、そこの音の鳴りをチェックするために使っているのは、Mike Posnerの「I Took A Pill In Ibiza (Seeb Remix)」と、Calvin Harrisの「This Is What You Came For ft. Rihanna」ですね。その2曲はダンス・ミュージックとしてのリファレンスとしています。
聴きます(リファレンスとは「基準となるもの」)

自分の頭の中に、理想とする音がブレずにずっと鳴っているんです。あとは如何にそこに近づけていくかっていう作業なんですよね。だから、判断基準は最初から頭の中にありました。もちろんその基準っていうのは、一年後とかには大きく変わっていくでしょうし、ジャンルが違えばまた異なる基準が必要になってくるんですけど。
だから迷わないんですね
僕、失敗しないんです!!

――そういった頭の中にある理想の音、基準点みたいなものって、どのようにして形成されてくるのだと思いますか?
橘:うーん……例えば他人の曲を聴いたりしても、「この曲のミックスはここをもっとこうした方がいいな」とか、そういうことが勝手に思いついたりしてしまうんですよね。本当に失礼な話ですし、もちろん僕が絶対的に正しいというわけではないんですけど。なので、自分の曲に関してはある程度形ができてきた段階で、「この曲はこういう音像で、こういうミックスが最適だな」っていうのが見えてきます。

すごい量の学習+やっぱりセンスかな?

自分でミックスをやる上での長所は「音を躊躇なく消せる」っていう部分なんですよね。ミックスした時に、不必要な音っていうのが出てくることが結構あるんです。でも、トラックメイカーとミキシング・エンジニアがそれぞれ別の人間だと、「この音邪魔だな」って思っても、気を遣って中々消しづらいっていうこともあると思うんです。でも、海外のエンジニアは結構そういうことを平気でやったり、キックの音が弱いからトリガーで別の音を足したりするんですけど、僕の場合はもうキックの音が違うって思ったら、その音色ごと変えちゃったりするんで。ミックスの段階で問題点が見えてきたら、制作プロセスまで遡ってスピーディーに変更、修正できるっていうのは、結構な強みだと思いますね。
これはラジオで言ってました
自分で全部やることの良さですね

全部ですね。僕は自分のスタジオでもアイフォンでもパソコンでも、全ての環境で良い音が鳴らないと良いミックスとは呼べないと思っているんです。アイフォン付属のイヤフォンとか、PC内蔵のスピーカー、あとはコンポとかでもチェックして調整していきますね。
慶太クン、メッチャいいスピーカーで聴いてるから、私たちのことは無視してるのかと思いきや
ちゃんと考えてくれてるんですね~サスガ!!

僕、昔から部屋の整理整頓が大好きなんですよ。ミックスの音を上手く配置して曲全体を綺麗に仕上げるっていう作業は、部屋を綺麗に整理整頓した時のやりがいとか快感にすごく近いんです。なので、ミックスはすごく好きですね。なんなら他の人の曲のミックスとかもやってみたいです。
そんな相関関係があったとは・・・恐ろしいことです

次回作について
今はどういうサウンドを作ろうかちょっと悩んでいる時期で。おそらく、海外のトラックメイカーやプロデューサーも同じように悩んでいる時期だと思うんですよね。トレンドが散らばっているような状況だと思うので。でも、それって逆に考えれば何でもアリなタイミングなんじゃないのかなって。だから、次回は何も考えずに思いつくままに作ってみようかなっていうのを考えていますね。大体これまでは、作り始める段階で「なんとなくこういう感じ」っていうアイディア、方向性があるんですけど、そういうのも一切なしで、白紙から作っていくのもおもしろいかなって。あとは、フューチャー・ベースってドカンとくるようでそうでもなかったなっていう印象なんですけど、それでもなお、メインストリームでフューチャー・ベースを作り続ける人がいるっていう点も踏まえて、まだまだいち音楽ジャンルとして可能性があるんじゃないかなとも思っていて。特に日本ではまだまだメジャーなシーンには全然浸透していないので、w-inds.として日本でフューチャー・ベースをやる意味はあるんじゃないかなって。

ヒント!

3人であーだこーだ言いながら一緒に作りたいんですよね。今は結構ロボットのようにピコピコしながらひとりで作っているので(笑)。
あと、この2017年から始めた本格的なセルフ・プロデュースっていうのがもっともっと伸びるんじゃないかなって思っているので、上手くw-inds.を成長させていきたですね。

これすっと言ってるね~今回どうだったのかな?

このインタビュー良すぎて全部書き写しそうになった。。。
写真も素敵!!
c0146401_21312112.jpg

# by ponta_san | 2017-10-12 22:14 | 本日の慶太クン♪ | Comments(0)

読み直し①


今日も可愛い慶太さん♡

c0146401_21533996.jpg

いや、俺1人だけ温度感違くね?
熱唱しすぎじゃね?
一青窈さんJUJUさんとのハナミズキ。
14日に放送になります。
是非!!!


あはは!!!確かに(-"-)
でも予告で見たのは素敵だったから大丈夫!
慶太くんイチバン上のパート歌ってましたか?
FCLT国フォで歌ったのも素敵だったけど、このコラボはまたまた凄そう
楽しみです(^^♪


整理した読み物を少しずつ読み直していきます
私のツボ
①T-SITEニュース
橘:実はいろいろな仕掛けをしてて。Aメロは全部英語なんですけれど、Bメロの龍一くんのパートには、日本古来のスケールとか三味線ぽいフレーズを入れてるんです。それが日本語と相まって、日本風な印象になるんです。歌詞に関しては、龍一くんはストレートに表現するのがすごくうまけど、僕は苦手。比喩表現が、好きなんです(笑)。
日本的な印象、良く分かります
特にインストを聴くと、大河ドラマのタイトルバックにピッタリだと思いました

橘:自由もあるけど、自信が付いたっていうのが大きいかな。今まで、どこかアイドルとして見られたくないって気持ちがあって。プライベートを隠したり、ダメな部分を隠してカッコつけたり。でも自分で全てやれることが自信になって、「何も隠さなくていいや」って気持ちになりました。そこは個人的に良い変化だと思っています。余裕ができたのかな。
最近、ホントに楽しそうだものね
笑顔も言葉も自然体(素晴らしい)
それでゲーマーなことも表に出してきた感じですね

悪いことが起きたら自分の責任。良いことが起きたらみんなのおかげ
慶太先生!!紙に書いて貼っておきたいほどの名言です

②T-SITEニュース
「自分が作詞・作曲・アレンジまでした曲が、この武道館で爆音で流れるって最高! リハーサルの時に聴いて、曲作って良かったと思った。デビューして17年でこんなことできるようになったよ!」←可愛い
「筋肉ムキムキになって迷走してた時期もあったけど。初武道館に立って、武道館に立てる身体じゃないと思ってカリカリの身体を鍛えた」←ほんとにカリカリだったよねえ、初めて見たとき驚きました(裸の写真)
「生きていたらいいことある。17年間も応援してくれるんですね。みなさんがいるから17年でも武道館に立てた。まだまだ未熟だけどみんなの力を借りてステップアップしていきたい。スキル上げていきます。15周年のときも言ったけど、安心して付いて来てください! もっといい音楽を、もっといいステージを、20周年、30周年まで届けることを約束します。黙ってついてこい!」←これまた名言 ずっとついて行きます!!
# by ponta_san | 2017-10-11 22:38 | Comments(0)

武道館ライブのレポ~THGリリースでのインタビュー記事が沢山上がっていました
どれも読みごたえがあったので、もう一度読み直したいと思います

T-SITEニュース :w-inds.ニューシングル「Time Has Gone」インタビュー「曲を待っていてくれるって特別なことだから…」(9.22)→ココ


T-SITEニュース :w-inds. 3年半ぶり日本武道館ライブ「もっといい音楽を、もっといいステージを、20周年、30周年まで届けることを約束します!」(9.28)→ココ


Spincoaster:セルフ・プロデュースで注目を集めるw-inds.が語る、日本で今、フューチャー・ベースを鳴らす意味(10.6)→ココ


『PATi PATi』の『エンタメステーション』:w-inds. 進化とキャリアを重ねる3人。フューチャーベースを導入した新作と今後のビジョンを訊く(10.6)→ココ


SPICE:変現を重ねるw-inds.が聴覚と視覚を刺激する、革新的なステージを魅せた(河嶋奈津実さん)(10.4)→ココ


DanceFact:w-inds. 完全自主制作の新作「Time Has Gone」ーー楽曲制作を通じて手にした手応えとは?(9.20)→ココ


DanceFact:w-inds.の新曲「Time Has Gone」をダンスの視点から深掘り!(10.2)→ココ


HIGHFLYERS:新たなw-inds.の幕開け!INVISIBLE TOUR 2017 FINAL in 日本武道館【ライブレポート】(10.2)→ココ


MusicVoice.jp:w-inds.3年ぶり武道館で誓う「もっと良い音楽を届けていく」(9.29)→ココ


RealSound:w-inds.に訊く、“充実”を迎えたグループの現在地「『僕たち自身が音楽を表現している』ことが一番の舵」(9.27)→ココ


おまけ
RealSound「柴 那典のチャート一刀両断!」:w-inds. 橘慶太、クリエイターとしての能力を発揮 最新曲における2つのポイント(1.22)→ココ


BARKS:【インタビュー】w-inds.、ダンス&ボーカルユニットのその先へ…在り方を開拓する新作「Time Has Gone」(9.27)→ココ


これもついでに
CINRA.NET:橘慶太が明かす、アイドルではいられなかったw-inds.の熱い本音(6.7)→ココ

c0146401_9261751.jpg

# by ponta_san | 2017-10-11 08:57 | その他 | Comments(0)

働く慶太クン


慶太クン、さっきつぶやいてくれました(''ω'')
5日間、毎日15時間くらい作業してたからデモ機でお借りしたGENELEC 8351にも完全に慣れ。
サブウーファーも試したら素晴らしく良い。
スタジオに導入したいな。
週末はめちゃくちゃ音が良いと勧められたDynaudio BM6Aをデモするのでそちらも楽しみ。


5日間毎日15時間!!(すごい集中力)
お疲れさまでした
一区切りがついたのでしょうか
どんな曲たちなのか、ドキドキワクワク待ってます

インタビューで香港までに作りたいと言ってたけど
w-inds.のシングルだと3曲は必要です
慶太クン、5日あれば3曲は作れそう
その中の1曲は、リミコン最優秀の方とのコラボ曲ではないかと思います
Need6さん!(ほとんど呟かないのが余計に不自然)
この後、会議にかけて良かったら3人でレコーディングするのかな?
田口くんとのコラボも実現して欲しいですね

本日のw-inds.活動 
①「流波R」の内容がヤフーニュースになってましたココ
うちの方見れない番組ですが、嬉しいです

②MJTVのTOP30でテイルくんとの曲が11位、w-inds.が5位でした!!
c0146401_23382611.jpg


c0146401_23385057.jpg


③Block B PROJECT-1 SPECIAL SHOWCASE(全編)が AbemaTV で観れます(無料)ココ

なんと便利な時代でしょう~!!
1h23mあたりからテイルくんのコーナーで慶太くんのメッセージ
1h48m終わりあたりからテイルくんが一人で「L&F」を歌います
生の時は慶太クンのコメントの最後がトラブってましたが、修正されてました
テイルくん、ふだんは元気キャラなんですね

④Spotifyの中国版でのコメント映像です


映像にアテレコしたみたいだけど、中国語で頑張ってるね
香港ライブでも頑張ってください(甘えてると言ってたから)

Spotify、今日は2位でした
頑張りましょう!!

# by ponta_san | 2017-10-09 23:44 | 本日の慶太クン♪ | Comments(0)